2019/07/23

美味しいかき氷が自宅でもできる!かき氷好き必見のアイデア&レシピ8選

  • 暑い夏に食べるかき氷のおいしさは格別。

    人気のかき氷のお店は、行列を作ることでも話題ですよね。

    ぜひ今年は、自分好みのかき氷を自宅で作ってみませんか?

    友達や家族でかき氷パーティーも盛り上がりそうです!

    かき氷は、専用の機械があれば、自宅でも手軽に楽しむことができます。

    最近のかき氷機は手動タイプから電動タイプまで様々な種類のものが売られていて、家電量販店はもちろん、通販でも購入することができますね。

    この記事では、ふわふわのかき氷に仕上げる氷の作り方や、かき氷のシロップを自作する簡単レシピ、余ったシロップを使ったアレンジアイデアなどを紹介しています。

    また、山盛りのかき氷をこぼさずに食べる小ワザもご紹介。

    自宅でもおいしいかき氷を作って、暑い夏を乗り越えましょう!

  • 1-1:砂糖を入れるだけでOK!サラサラふわふわのかき氷の作り方
    • かき氷の氷をなめらかに作る方法(れんちゃんさんからの投稿)
  • いつものシャリシャリ・ゴリゴリ食感のかき氷もおいしいですが、サラサラふわふわのかき氷も食べたい!と思ったことはありませんか?

    そんな時は、なめらかな氷を作る裏ワザで、自宅でもサラサラふわふわのかき氷を作ってみましょう。

    方法はとっても簡単。

    水150mlに対して、大さじ2杯強の砂糖を溶かしたものを凍らせて削るだけ。

    ポイントは、氷が完全に凍ってから削ることです。

    砂糖を加えることでスポンジ状の氷ができ、食感が変わるんです。

    削った氷がサラサラふわふわに仕上がって、とっても美味しいですよ。

    砂糖ならどこのお家にもありますし、混ぜて溶かすだけの簡単な手順なので、手軽でリーズナブルなアイデアです。

    自宅でふわふわのかき氷が食べたくなった時は、是非試してみて下さい!

    <サラサラふわふわの氷の作り方>

    ➀ 水150mlに、砂糖大さじ2強を入れて溶かします。

    ② ➀を凍らせます。

    ③ 完全に凍ったら、かき氷機で削ります。

  • 2-1:かき氷シロップの基本!白蜜シロップのレシピ
    • かき氷シロップの基本(れんちゃんさんからの投稿)
  • 大人も子供も大好きな夏の定番スイーツ、かき氷。

    その味を決める大切なアイテムと言えば、やっぱりシロップですよね。

    シロップは、スーパーなどで売られている市販のものを使っている方が多いと思います。

    もちろん市販のものもおいしく楽しめますが、この夏はお家で簡単に作れる「基本の白蜜シロップ」をマスターしてみませんか?

    基本のシロップがあれば、自由なアレンジもできるので、楽しみが広がりますよ。

    基本のシロップから作るといっても難しいものではありません。

    今回紹介するのは、砂糖と水で作る簡単なレシピです。

    材料を鍋で煮詰めて冷ますだけなので、空いた時間で気軽に挑戦できますね。

    基本のシロップをベースに色々な味にアレンジすればホームパーティーなどで盛り上がること間違いなしです。

    是非自分好みのかき氷を作ってみて下さい!

    <基本の白蜜シロップの作り方>

    ➀ 水100mlと砂糖250gを鍋に入れて混ぜます。

    ② ➀の鍋を火にかけ、沸騰させます。

    ③ 砂糖が溶けて透明になった後に、細かい泡が出てきたところで火を止めます。

    ④ 冷まして完成です。

  • 2-2:白蜜シロップをアレンジ!バナナミルクシロップの作り方
    • 夏だ!かき氷だ!バナナミルクシロップ(れんちゃんさんからの投稿)
  • 朝食やデザートなど、日常の食卓で活躍するバナナ。

    子供から大人まで人気の高いフルーツですが、かき氷のシロップにもアレンジできるということをご存知ですか?

    材料は、バナナと牛乳、そして1つ前の動画でご紹介した「白蜜シロップ」。

    あらかじめ作っておいた白蜜シロップを使うことで、こんなにお洒落なシロップも自宅で簡単に手作りできるんです。

    動画の中でもそれぞれの材料の量が分かるようになっているので、これを見ながら作れば分かりやすいですね。

    バナナを別のフルーツにすれば、他にもいろいろな味が楽しめますよ!
    お好きなフルーツで試してみて下さい。

    <バナナミルクシロップの作り方>

    ➀ バナナ1本、牛乳100ml、白蜜シロップ230gを用意します。

    ② バナナを1cm幅にカットして、ミキサーに入れます。

    ③ ②に牛乳と白蜜シロップを全量加えます。

    ④ ミキサーのスイッチを入れ、しっかりと回したら完成です。

  • 2-3:ジャムを使うから簡単!ブルーベリーミルク味のかき氷レシピ
    • かき氷ブルーベリーミルク味(れんちゃんさんからの投稿)
  • 美容や健康に良いと言われているブルーベリー。

    パンやヨーグルトと一緒に食べるイメージが強いですが、アレンジ次第でかき氷のシロップとしても美味しく味わえる食材なんです。

    カギになるのは、「牛乳」。ブルーベリージャムと混ぜ合わせて上からかけるだけで、見た目もお洒落なかき氷が出来上がります。

    ジャムを使うので、自分で砂糖を入れる必要もなく、手軽にちょうどいい甘さになりますよ。

    計量カップとスプーンだけで作れるので、準備や後片付けも楽チン。

    はかりすらも使わずに作れるというのは、お手軽で嬉しいポイントですね。

    小さなお子様でも作れる簡単レシピですので、是非一緒に作ってみて下さい!

    <ブルーベリーミルク味のかき氷の作り方>

    ➀ 計量カップに150mlの冷たい牛乳を入れます。

    ② ➀に225mlになるまでブルーベリージャムを入れます(75ml)。

    ③ よく混ぜ合わせて、かき氷にかけて完成です。

    他のフルーツジャムでアレンジすれば、色々な味も楽しめます!

  • 3-1:真ん中から食べ進めて穴を作るのがポイント!
    • カキ氷をこぼさずに食べるには、こう!!(柳澤ちなていさんからの投稿)
  • 山盛りの盛り付けが定番なかき氷。

    たくさん食べられるのは嬉しいですが、食べている間にポロポロと崩れてしまったということはありませんか?

    美味しくても器や手がべとべとになってしまっては、楽しい気分が台無しですよね。

    そんな悩み、上手な食べ方のコツを知って解決してみませんか?

    ご紹介するのは、かき氷を真ん中から食べ進めていく食べ方です。

    クレーターのように穴を開けて、周りを真ん中に向かって崩しながら食べていくことで、こぼさずに食べられるんです。

    この食べ方なら、シロップのかかっていないところの氷も穴の中でシロップに漬けられるので、美味しく食べられて一石二鳥ですよ。

    山盛りのかき氷を食べる時に、是非試してみて下さい!

    <かき氷を綺麗に食べる方法>

    ➀ かき氷を真ん中から食べ始めます。

    ② 真ん中に穴ができるように食べ進めていき、その穴に向かってまわりを崩しながら食べ進めます。

  • 4-1:余ったいちごシロップを牛乳で割るだけ!簡単いちごミルクの作り方
    • カキ氷のいちごシロップで簡単いちごミルク!!(柳澤ちなていさんからの投稿)
  • かき氷に欠かせない定番アイテム、いちごシロップ。

    甘くて美味しいですが、かき氷は毎日食べるものではないですし、シロップが余ってしまったという経験はありませんか?

    特に、シロップが余ったまま夏が終わってしまったときには、どうしたらいいのかわからず困ってしまいますよね。

    でも、もう困る必要はありません。

    余ったいちごシロップは、牛乳と混ぜればいつでも美味しいいちごミルクとして楽しむことができるんです。

    目分量でいいので気軽に作れますし、ストローで混ぜ合わせるだけなので洗いものも増えません。

    これなら一年中美味しいいちごミルクが簡単に楽しめますね。

    シロップが余ってしまった時は、是非試してみて下さい!

    <簡単いちごミルクの作り方>

    ➀ グラスに氷を入れます。

    ② いちごシロップを、➀のグラスの1/5ぐらいのところまで注ぎます。

    ③ 牛乳を加えて、ストローで混ぜて完成です。

  • まとめ
  • ふわふわのかき氷を作る方法や、お好みのシロップの作り方、アレンジレシピなど、かき氷を自宅で作る時のレシピやアイデアをご紹介しました。

    どのアイデアも家にあるものや手に入りやすいリーズナブルな食材を使っていますし、少ない食材で時間や手間がかからないのも嬉しいポイントです。

    どれもとっても簡単ですし、味のバリエーションも豊富です。

    色々な味を一度に楽しめる、夢のようなかき氷も実現できます。

    夏休みにお子様と楽しく作るのも良い思い出になりますね。

    自分がかき氷を食べたくなった時はもちろん、友人と集まったときやホームパーティーなどで、このかき氷をふるまえば喜ばれること間違いなしです。

    いろんな味のかき氷を自分で作って、この猛暑を楽しく乗り切りましょう!

次の記事
前の記事