2019/07/18

輪ゴムってすごい!便利で役立つ、輪ゴムの意外な活用術9選

  • 普段なにげなく目にする輪ゴム。

    何かを束ねたり、フタが開かないように留めたりするだけに使っていませんか?

    それだけではもったいない!

    実は輪ゴムは掃除道具にも美容グッズにもなる、とっても守備範囲の広い万能グッズなのです。

    こんなことにも使えるの?!輪ゴムにはちょっと驚くような活用法があります。

    捨てていた輪ゴムが輝いて見えるかも?!な、輪ゴムのアイデア活用術の動画をご紹介します。

  • 1-1:耳輪ゴムで小顔が叶う!?耳にかけるだけで簡単、顔のむくみ改善法
    • ヘアゴムで楽々小顔づくり。むくみ対策をしよう(れんちゃんさんからの投稿)
  • 最初にご紹介する輪ゴム活用術は、顔のむくみを改善するというもの。

    やり方は超簡単!おでかけ前にピッタリな裏ワザです。

    <耳輪ゴムのやり方>

    ①二重にした輪ゴムを耳にかけて5~10分そのままにする。

    ②輪ゴムを耳からゆっくり外す。

    耳輪ゴムでむくみが改善する理由は、輪ゴムで一時的に耳を軽く圧迫することで外した時の血流が良くなるという説や、食べ物をかむときに使う筋肉「咬筋(こうきん)」が緩むことで顔がスッキリとするという説などがあげられています。

    動画ではヘア用のシリコンゴムを使っていますが、もちろん普通の輪ゴムでもOK。

    締め付け過ぎないように注意してためしてみてください。

  • 1-2:ボールペンが書けなくなったら試してみよう!インクが復活するアイデア
    • ボールペンが書けなくなった時に試したい裏技その2(便利ライフハックさんからの投稿)
  • まだインクは残っているのにボールペンが書けなくなったという経験はありませんか?

    そんなときは、輪ゴムを使ってボールペンを復活させてみましょう。

    <書けなくなったインクのあるボールペンを復活させる方法>

    ①ボールペンの真ん中ぐらいに、輪ゴムをセロハンテープでとめる

    ②輪ゴムを両手で引っ張って回してねじり、ボールペンを何度も回転させる

    ③輪ゴムを両手で左右に引いてゆるめる

    輪ゴムを使って回すことでかかる遠心力で、分離したインクがもとの位置にもどり、復活させるテクニックです。

    捨てる前に試す価値がありそうです。

  • 2-1:輪ゴムも消しゴムと同じゴムなんです
    • 消しゴムがない!輪ゴムで代用できちゃう(柳澤ちなていさんからの投稿)
  • 外出先で手元に消しゴムがなくて困った経験はありませんか?そんなときには輪ゴムを探してみましょう。

    消しゴムの代わりをしてくれます。

    消しやすさは消しゴムには敵いませんが、ちょっと消したいときに便利です。

    <輪ゴムを消しゴムとして使う方法>

    ①輪ゴムを鉛筆やシャープペンシルの先の方に巻き付ける。

    ②巻き付けた輪ゴムで消したい文字をこする。

    輪ゴムは色々な道具の代用品として活躍してくれるマルチグッズに変身します。

    専用の道具を買い足さなくても、輪ゴムがあれば大丈夫。

    そんな輪ゴム活用術です。

  • 2-2:あれば仕事がはかどる!輪ゴムが指サックに早変わり
    • 指につけるだけ!輪ゴムで指サック(ぐっさんさんからの投稿)
  • 手が乾燥して上手に紙がめくれない、ビニール袋が開けないということありませんか?

    そんな時は指サックがあれば助かります。

    でも指サックを備えている方は少ないのではないでしょうか。

    そんなときは、サクッと親指に輪ゴムを巻き付けましょう。

    指サックをつけたときと同じくらいサクサクと作業がはかどり、イライラも少し解消されるかもしれませんね。

    <輪ゴムを指サックとして使う方法>

    ①輪ゴムを使いたい指に巻き付けます。

    ②輪ゴムで紙をひっかけるようにめくります。

  • 2-3:輪ゴムを巻くだけ簡単!滑らないハンガー
    • ズレないハンガー作り方(便利ライフハックさんからの投稿)
  • ハンガーにかけた服がずり落ちて困ったことありませんか?

    そんなときも、輪ゴムが大活躍してくれます。

    いつも使っているハンガーに輪ゴムをかければ、滑り止め付ハンガーに改良されるんです。

    <滑り止め付きハンガーを作る方法>

    ①ハンガーの両端から5㎝を目安に輪ゴムを巻き付けます。

    ②そのまま洋服をかければ、輪ゴムが滑り止めになり落ちにくくなります。

    ハンガーから滑り落ちやすい薄手素材や肩紐で吊るタイプの洋服には特にオススメです。専用のハンガーを買い足さなくても、輪ゴムで代用できますよ。

  • 3-1:ハケの余分なペンキをきれいに落とす技
    • ペンキをふちを汚さずにすむ裏ワザのご紹介(swaro109さんからの投稿)
  • DIYを楽しむ方が増えています。

    今回はそんな方にオススメのアイデアを紹介します。

    ハケに付きすぎたペンキを取り除くとき、ペンキのふちでハケをしごくと、ふちにペンキがべったりついてしまいますよね?

    ふちに付いたペンキは、そのままフタをすると、再度開けるときに固まって開けられなくなることもあります。

    それでは残ったペンキを無駄にしてしまうことにもなりかねません。

    そうならないために、輪ゴムを使いましょう。

    ペンキ缶のフチも汚さず、ハケについたペンキをきれいに落とすことができますよ。

    <ペンキのついたハケをきれいに落とす方法>

    ①ペンキ缶の上下を挟むように、ペンキ缶に輪ゴムをかける

    ②ハケについた余分なペンキを輪ゴムにこすりながら落とす

  • 3-2:溝がつぶれたネジでもあきらめない
    • 必見!ネジ山が潰れてしまった時の対処法(usaminさんからの投稿)
  • 固いネジを回そうとしてネジの溝を潰してしまったことはありませんか?

    そんなときには太い輪ゴムの力を借りてみましょう。

    ネジの溝とドライバーの隙間に幅広のゴムが入ることで、滑り止めの役割を果たし、回しやすくしてくれるんです。

    完全にネジの溝が潰れていなければ、かなりの確率で回せますので試してみてください。

    <ネジの溝がつぶれかけてもネジを回す方法>

    ①太い輪ゴムの幅広面をネジ山に当てます。

    ②輪ゴムの上からドライバを当てて回します。

  • 3-3:ほどける紙テープやリボンは輪ゴムでぴっちり
    • 紙テープの収納方法(れんちゃんさんからの投稿)
  • 端が巻き付かず、バラバラほどけてしまう使いかけの紙テープやリボン。

    引出しの中でごちゃごちゃして困った経験はありませんか?

    そんなイライラも輪ゴムで解消しましょう。

    滑りにくい輪ゴムで留めておけば、端がはがれることもなくなります。

    端をセロハンテープで留めておく方法より外しやすく、紙テープがきれいな状態で収納できます。

    <紙テープやリボンの端をきれいにとめておく方法>

    ①紙テープやリボンの幅の中央に輪ゴムがくるように、輪ゴムをかけます。

  • 3-4:隙間の掃除は輪ゴムにおまかせ
    • ふすまの敷居掃除♫輪ゴムを使って一瞬でゴミをとる方法!!(イマハシミハルさんからの投稿)
  • ふすまの敷居の溝は、小さなゴミや埃が入り込みやすいところです。

    狭すぎて掃除機でも取りだせない汚れをなんとかしたいと思ったことありませんか?

    そんな隙間のゴミは、輪ゴムですっきりきれいにしましょう。

    輪ゴムのすべりにくい性質を活用したアイデアです。

    気軽に使える輪ゴムだからこそできる技。

    気になったときにすぐトライできますね。

    <敷居をすっきり掃除する方法>

    ①敷居に輪ゴムを置き、輪ゴムを巻き込むようにふすまを動かします。

    ②輪ゴムがゴミや埃を絡め取ってくれます。

    ③輪ゴムは取り出して捨てましょう。

  • まとめ
  • ちょっとした困ったを、簡単に解決してくれる輪ゴムの活用アイデア、いかがでしたか?

    オフィスの引き出しやキッチンのフックに貯めている輪ゴムも、アイデアしだいで色々な使い方ができるんですね。

    知ると知らないのでは大違いです。

    輪ゴムの魅力を再認識しました。

    ついつい、周りの人にも教えたくなるようなアイデアで、輪ゴムの活用の場を広げてみてください。

次の記事
前の記事