2019/07/15

道具がなくてもOK!女性や子どもでも簡単に瓶の蓋を開けられるコツ10選

  • 瓶の蓋やペットボトルの蓋が開かなくて苦労すること、ありませんか?

    特に、握力があまり強くない女性や年配の方は、きつく閉まった蓋を開けるのに苦労した経験も少なくないでしょう。

    今回は瓶の蓋を開けるときに役立つ裏ワザを集めました。

    お酒が好きな方も必見。

    ビール瓶の蓋の開け方や、ワインのコルク抜きがなくても栓が抜けるワザも紹介します。

    キャンプやピクニックに活躍間違いなし!

    ぜひ参考にしてください。

  • 1-1:ガムテープにお任せ!簡単に固い瓶の蓋を開ける方法
    • 固くて開かないビンのフタを一瞬で開ける裏ワザ!(ぐっさんさんからの投稿)
  • 瓶の蓋が固くて開かずに困ったことがありませんか?
    瓶の蓋が開かないせいで、食べたいものをあきらめるなんて嫌ですよね。

    そんなときに手軽に試せて、力を入れなくても簡単に瓶の蓋を開けられる方法があります。

    用意するのはガムテープだけ。簡単な手順を紹介します。

    <蓋の開け方>

    ①瓶の蓋に半分かかるくらいガムテープを貼りつける。

    ②余ったガムテープの部分を握る。

    ③ガムテープを手前に引っ張る。

    注意点はガムテープを貼る部分をよく見て、蓋が瓶にくっつかないよう気をつけること。

    引っ張るときにガムテープの幅を半分に折りたたむと、手が痛くなりません。

    ガムテープを貼ることで広い範囲に力が加わり、わずかな力で固い瓶の蓋を開けることができます。

  • 1-2:逆さまにして叩くだけ!簡単に瓶の蓋を開ける方法①
    • 開かない瓶を簡単に開ける裏ワザのご紹介★(swaro109さんからの投稿)
  • 瓶の蓋が固いとき、まずはどうしますか?
    誰もが力いっぱい瓶の蓋を開けようとするのではないでしょうか。

    頑張れば頑張っただけ手の痛みは強くなり、数日間その痛みが続くこともあります。

    そんなつらい痛みに耐えなくても、簡単に瓶の蓋を開ける方法があります。

    <蓋の開け方>

    ①瓶を逆さまにする。

    ②瓶の底を手のひらで数回叩く。

    ③瓶の蓋を上にして開ける。

    瓶の蓋の開け方のコツを知っているだけで、痛みに悩まされない快適な毎日が手に入りますよ。

    この方法は手軽にできるので、緊急時などで手元に道具がない場合に役立てることができます。

  • 1-3:輪ゴムをふたに掛けるだけ!簡単に瓶の蓋を開ける方法②
    • 開けにくいビンもこれで一発!(fujiさんからの投稿)
  • 自家製の梅酒やピクルスなどを漬ける際に使う大きな瓶も、しばらく置いておくとプラスチックの蓋が固く開けにくくなってしまうことがあります。

    保存瓶など蓋の幅が大きな瓶は、蓋に輪ゴムを数本かけるだけで力を入れず簡単に開けることができます。

    大きな瓶だけでなく、蓋に輪ゴムが数本かかる幅があればどんな瓶でもOKです。

    輪ゴムがすべり止めの役割を果たしてくれるので、瓶の蓋に掛けた力が逃げず簡単に蓋が開きますよ。

    輪ゴムが1本だとすべり止め効果が弱いことがあるので、数本かけるのがコツです。

    <ふたの開け方>

    ①瓶の蓋に輪ゴムを数本掛ける。

    ②わずかな力で瓶の蓋が開けられる。

  • 2-1: 栓抜きがなかったら割ばしで!ビール瓶の蓋を開ける方法
    • 裏技!割り箸で瓶ビールを開ける方法(ikaikaさんからの投稿)
  • 家の外でビールを飲む際に栓抜きがなくて、ビール瓶の蓋が開けられず困ったことはありませんか?

    そんなときに役立つ裏ワザがあります。

    ピクニックやキャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、旅行先で瓶ビールを買ってきたけれど、ホテルの部屋に栓抜きがないという場合にも使えます。

    ぜひ覚えておきましょう。

    用意するものは割りばし1本です。

    割りばしが手元になければ、スプーンやコインでも代用できます。手順は同じです。

    <栓の抜き方>

    ①瓶の蓋とビール瓶の間に割りばしの太い方を差し込む。

    ②てこの原理で割りばしを上下に動かしてビール瓶の栓を抜く。

  • 2-2:靴の助けを借りましょう!ワインのコルクを開ける方法
    • 裏技!コルク抜きなしでワインを開ける方法(ikaikaさんからの投稿)
  • みんなでシェアして楽しめるフルボトルのワインは、仲間や家族と飲むのに最適ですね。

    でもうっかりワインオープナーを忘れて困った経験はありませんか?

    そんなときにぴったりな裏ワザを紹介します。

    必要なものは、スニーカーなど底のクッションが厚めの靴です。

    <コルクの抜き方>

    ①ワインボトルを靴の中に入れてクッションにする。

    ②靴底を壁などに繰り返し叩きつける。

    ③コルクが衝撃を受けて手でつかめるくらい飛び出したら、手でコルクを抜く。

    注意点は、ワインボトルが割れないように衝撃を調整することです。

    できるだけ底が厚い靴を使うと衝撃を適度に吸収してくれます。

    お花見やピクニック、キャンプなど屋外での集まりの際、役に立ちますよ。

  • 3-1: 誰もがもっている身近なアイテム!鍵でプルトップを開ける方法
    • 缶の蓋を開けるには〇〇!ネイルしててもOK!(Reikaさんからの投稿)
  • 爪が長かったり、ネイルをしていたりで、缶ジュースの蓋が開けられず困ったことはありませんか?

    そんなときは手を使わずに缶の蓋を開けましょう。

    いつでも手元にあるような、身近なものを使って開けられるのがベストですよね。

    そこで誰もが必ず持ち歩く鍵を使います。

    <缶ジュースの開け方>
    ①鍵の先を缶のプルタブの下に入れ、てこの原理で上下に動かす

    この方法を覚えておけば、缶ジュースの蓋を簡単に開けられます。

    爪が長い女性だけでなく、子どもや爪が弱くて缶の蓋を開けるのが苦手な人にも役立ちますよ。

  • 3-2:ヘアゴムが救世主!プルトップを開けやすくする方法
    • ヘアゴムで缶の蓋を開ける裏ワザ・ネイルしててもOK!(れんちゃんさんからの投稿)
  • 爪が長くて缶ジュースの蓋が開けにくいときは、身近な道具を使って手軽に缶の蓋を開けましょう。

    100均やコンビニでも買えるヘアゴムを使って缶の蓋を開けることができます。

    小さいのでかさばらず、いつも持ち歩いていれば食事の際に簡単に髪をまとめるのにも役立ちます。

    <缶ジュースの開け方>
    ①ヘアゴムを缶のプルタブの下にかけ、手前に引っ張る。

    ヘアゴムは強度があるしっかりしたもので、ワンポイントの飾りがついている程度のシンプルなものを選びましょう。

    ネイルチップをつけている場合はゴムを爪に引っ掛けないようにするのが注意点です。

  • 3-3:やっぱり便利!ペットボトルや缶ジュースを簡単に開けるグッズ専用
    • キャップが開かない時に欲しい便利グッズ!(便利グッズ大好き!さんからの投稿)
  • 缶ジュースやペットボトルの蓋を開けるのって、意外と力が必要ですよね。

    女性や子ども、年配の方は力が弱かったり、爪が長かったりで、蓋を開けるのが難しいこともあります。

    そんなときに役立つ、プラスチック製の便利グッズがあります。雑貨店や100均で手軽に買えて、持ち歩きできるコンパクトなサイズのものもありますよ。

    <便利グッズを使ったペットボトルや缶ジュースの蓋の開け方>

    ①ペットボトルを開ける場合は、グッズの丸く穴が開いている部分を蓋にかぶせて回す。

    ②缶ジュースを開ける場合は、グッズをプルタブの下に当てて上に持ち上げる。

    力を入れなくても簡単に蓋が開くので、いつもペットボトルや缶ジュースの蓋が開けにくくて悩んでいる方におすすめです。

    蓋に悩まされない未来が手に入りますよ。

  • 4-1: 缶切りを使って缶詰の蓋を手で触らずに開ける方法
    • 手を使わずに缶詰のフタを開ける方法(れんちゃんさんからの投稿)
  • 缶切りを使って缶詰の蓋を開けたとき、蓋が缶詰の内側に沈んでしまって、手で開けにくくなってしまった経験はありませんか?

    そんなときにおすすめしたいのが、缶切りを使って手を使わず簡単に缶詰の蓋を開ける方法です。

    開けるのに使った缶切りをそのまま使うので、簡単で手軽です。

    この方法を覚えておけば、缶詰の蓋で手を切る心配もありません。

    <缶切りを使って缶詰の蓋を手で触らずに開ける方法>

    ①缶詰を缶切りで開けたら、中のシロップなどを3分の1ほどお皿にあける。

    ②缶切りを缶の蓋に引っ掛けて上に開く。

  • 5-1:失敗なし!プラスチックのゼリーの蓋をきれいに開ける方法
    • 知ってた?ゼリー蓋のベストな開け方!!(イマハシミハルさんからの投稿)
  • プラスチックの容器に入ったゼリーの蓋を開けるとき、途中で破れてしまった経験はありませんか?

    失敗してしまうと食べにくいし、残った蓋をはがそうにも、けっこうな力が必要です。

    でももう大丈夫です。簡単なテクニックで、プラスチック容器に入ったゼリーの蓋をきれいに開けることができますよ。

    ゼリーの蓋を開けるとき、今までどうやって開けていましたか?

    手前から、テーブルの向こう側に向かって蓋を開けていませんか。

    きれいに蓋を開けるには、蓋を奥から手前に向けて引っ張りましょう。

    手前から奥に向かう力よりも、奥から手前に引く力の方が強いので、失敗せずに開けられます。

    道具も必要ない簡単な裏ワザなので、ぜひ試してみてください。

    <ゼリーの蓋を開ける方法>
    ①ゼリーの蓋を開けるとき、手前に引っ張る。

  • まとめ
  • 簡単に蓋を開けるコツ10選を紹介しました。

    力が弱い子どもや女性、年配の方などは、蓋をなかなか開けられなくて苦労しますよね。
    でもこれらの方法を覚えておけば、力を入れずに簡単に蓋を開けることができるようになります。

    道具を新たに用意する必要がない、手軽な裏ワザもいくつもありました。

    もし周りに瓶や缶の蓋が開けられなくて困っている人がいたら教えてあげましょう。

次の記事
前の記事