2019/03/02

100均商品を使ってキッチン収納をおしゃれに!アイデア収納実例9選

  • 賃貸アパートや一人暮らしのマンションは、一戸建てに比べて狭いので、キッチン収納は主婦にとって悩みの種の1つです。

    ごちゃごちゃと食器やコップ、調味料が置いてあるとキッチン周りが煩雑な状態になりますよね。

    しかし、セリアのようなおしゃれな100均で売っているファイルボックスや仕切りグッズなどを活用すると、食器や鍋、フライパンをすっきり収納することができます。

    また、隠さずに、あえて「見せる収納」を演出することもできます。

    今回は、狭い空間を上手に活用してすっきり見せる実例・アイデアをご紹介します。

  • ①シンク下の狭い収納を活用!調味料はケースやかごでひとまとめに!
    • 100均ファイルケースで調味料のスッキリ収納🌼(nagisaさんからの投稿)
  • シンク下の収納スペースに調味料をしまっている方も多いのではないでしょうか。

    ところが、狭いスペースに、お酢、醤油、お酒、みりんなど、似たようなボトルや瓶がたくさん並んでいると、ぱっと使いたいときに取り出せません。

    すっきりと収納し狭いスペースを最大限活用すると共に、必要な時にすぐに取り出せるアイデアが必要です。

    そこで便利なのが、セリアなどの100均で販売されている書類ケース(ファイルボックス)です。

    ちょうど、瓶やボトルが縦置き収納で入るサイズを2~3個選べば、キッチン下の収納がすっきりします。

    必要なときにはファイルボックスを引き出し、ちょうどお目当ての調味料を選ぶこともできるため、便利なアイデアではないでしょうか。

  • ②調味料をすっきり収納!つっぱり棒とワイヤーネットでDIY
    • キッチンの空きスペースを収納棚に大変身!(みぞさんからの投稿)
  • 塩、コショウや小さな調味料を収納する場所も悩むものです。

    戸棚の中にしっかりしまっておくと、必要な時にすぐに出せません。

    しかし、キッチン周りに乱雑に置いておくと、すっきり感がなくなってしまいます。

    そこで、電子レンジの上などの、壁と壁の間の空間(デッドスペース)を有効活用するアイデア収納をご紹介します。

    材料はすべてセリアなどの100均でそろいます。

    【やり方】
    1.つっぱり棒を使い壁と壁の間に「ワイヤーネット」を設置します。
    ちょっとしたDIYですね。

    2.そこにフックをかけて、ワイヤーネットのかごを置きましょう。

    かごは様々なサイズがありますので、いくらでも調味料を置くことができます。

    また、キッチンの上部にあるので、調理中に必要とされるタイミングですぐに取り出せるのも便利です。

    このように、棚やシンク下だけではなく、デッドスペースになりがちな空間を上手に活用することで、狭いアパートなどでもすっきりしたキッチン収納を実現することが可能なのです!

  • ③戸棚の奥にあるコップ!取手のついた「かご」で便利に収納!
    • とってのついたケースにコップ収納(nagisaさんからの投稿)
  • キッチン収納で悩む食器の一つにコップがあります。

    特に、戸棚にしっかり収納されている奥にあるコップは引き出しづらく「使うコップはいつも同じ」ということもあるものです。

    奥のコップをとろうとすると、ほかのコップを全部出してしまわなければなりません。

    無理して取り出そうとすると落として割ってしまう危険もあります。

    そこで、コップ収納の秀逸なアイデアがあります。

    100均などで販売されている取手付きのかごにコップをまとめて収納するのです。

    奥にあるコップを取りたい時は、そのかごを引き出します。

    また、同じ種類のコップをまとめてかごに入れておけば、そのまま複数のコップを取り出すこともできます。

    かごを使うことで、棚の中もすっきりしますし、同時に使い勝手がよくなる便利なアイデアです。

  • ④キャビネットの収納にファイルボックスを!食器(お皿)をすっきり見せるアイデア
    • 省スペース!お皿の収納法(れんちゃんさんからの投稿)
  • キッチンのキャビネットや棚の中に、お皿(食器)を重ねて収納すると、どうしても引き出しづらくなってしまいます。

    お皿の形もいろいろな種類がありますので、重ねて置くことで不安定になり落として割れてしまうリスクもあります。

    また、その上には物も置けませんので、収納スペースも無駄になってしまいます。

    そこで、セリアなどの100均で買ったファイルボックスが重宝します。

    お皿などの食器を、平置きするのではなく、ファイルボックスの中に立てて収納するのです。

    縦置きすることで場所をとらず、狭い収納スペースでもすっきり見せることができます。

    ファイルボックスが引き出しがわりにもなります。
    狭い場所のキッチン収納として非常に良いアイデアのひとつです。

  • ⑤引き出しのコップ収納!仕切り板も使用して割れやすい食器の落下を防止
    • 落下防止にも!コップは仕切り収納がオススメ(ニャンコmamさんからの投稿)
  • コップや割れやすいお皿など、キッチン周りに食器を収納するのは、小さな子供がいる家庭は特に気を使うものです。

    子供の手の届く戸棚やキャビネットなどに入れておくと、意識せずに引き出した時にコップを割ってしまう可能性もあります。

    その危険を避けるためのアイデア収納術があります。

    セリアなどの100均で購入したかごなどを活用し、仕切りを作り、一つの仕切りに対して一個のコップを置ける収納を引き出しの中に置いておくのです。

    引き出しを開けても仕切りでコップは固定されていますので、簡単にぐらついて落ちたりしません。

    その引き出しはコップ専用になってしまいますが、割れやすい食器を安全に収納する良いアイデアではないでしょうか。

  • ⑥意外と悩むフライパン収納!壁を使用してフライパンを吊るすだけでOK!
    • かさ張るフライパンは吊るして収納しよう!(swaro109さんからの投稿)
  • キッチンの下や戸棚の中にフライパンを乱雑に入れておくと、必要なものをすぐに引き出すことができずに困ってしまうことがあります。

    狭いアパートや賃貸マンションで一人暮らしをしていると、それほど広い収納場所が無いので仕方ないとあきらめてしまいがちです。

    しかし、ちょっとした工夫でフライパンをすっきり収納できるアイデアをご存じでしょうか。

    キッチンの上部の壁につっぱり棒を張り、そこにフックをかけておくと、フライパンを吊す収納スペースを作り出すことができます。

    壁収納を上手に使うことで、まるで、専門店の調理キッチンのような趣も出て、意外におしゃれに見えます。

    また、狭いキッチン周りでもフライパンに収納場所を取らずにすむのがメリットです。

    戸棚やキッチン下収納をほかの用途で使うことができるのも便利です。

  • ⑦キッチン下の収納!狭い場所に置くフライパンは縦収納ですっきり!
    • 省スペース★フライパンは書類ケースに収納(aiaiさんからの投稿)
  • キッチン下の収納スペースにフライパンを入れている方も少なくないと思います。

    でも、フライパンって意外に収納しづらく狭い場所だと重なり合ってゴチャゴチャになってしまいます。

    そこで、キッチン下をすっきりと見せつつ、すぐに取り出しやすく便利にフライパンを収納する良いアイデアがあります。

    100均商品の書類を立てて収納するケース(ファイルボックス)を使って、キッチン下に置いておきます。

    そこにフライパンを立てて収納するのです。

    普通のサイズのフライパンですと、ちょうど一つずつ入ります。

    取り出すときは、取手をつかめばフライパンだけを簡単に引き出し可能です。

    フライパンを立てて、整理することで、キッチン下の狭いスペースも有効活用し、ほかの物も収納できます。

  • ⑧シンク下の収納、扉の裏も使えます!フライパン・鍋蓋の収納アイデア
    • キッチン扉裏に鍋蓋を収納する簡単裏ワザ★(Tomaさんからの投稿)
  • フライパンや鍋の収納で困ることの一つは、いくつもの蓋をどこに置くかです。

    鍋蓋などがあると、その上にほかの物を積み重ねることができず、収納スペースを無駄遣いすることになってしまいます。

    賃貸アパートやマンションでは、キッチン下の収納スペースも狭いことが多く、フライパンや鍋が数個あるだけでいっぱいになってしまいます。

    そんな時、キッチンのシンク下の「扉」の裏を収納スペースに使うアイデアがあります。

    扉の裏にフックをつけておくと、鍋やフライパンの蓋をそこに差し込んで固定することができるのです。

    キッチン下の収納スペースには影響を及ぼさないため、フライパンや鍋がいくつかあっても、すっきりして使いやすくなりますね。

  • ⑨セリアのかごと袋を使えば、簡単に見せる収納ができる!
    • キッチンの雑多、100均収納でおしゃれに!(れんちゃんさんからの投稿)
  • キッチン周りはできるだけ乱雑にしたくないものです。

    コーヒーフィルターやコップなど、身近に置いておきたいけれど、そのまま置いておくと生活感が漂ってしまいます。

    一人暮らしでも、おしゃれな雰囲気を醸し出したいものですね。

    そこで、キッチン周りをおしゃれに見せるためのアイデアがあります。

    セリアなどの100均で、おしゃれなかごと布袋などを買ってきます。

    できるだけ、生活感の漂わない洋風のおしゃれな布袋を選んでみましょう。

    そこに、まとまりきらなかったキッチン備品を入れて飾っておくのです。

    おしゃれな袋がかごに入っていると、キッチンのインテリアの一部だという印象になりますので、ごちゃごちゃした感じは一瞬に消え去ります。

    隠さずに、言わば「見せる収納」アイデアです。

  • 【アイデアを活用してキッチン収納をおしゃれに演出しよう】
  • いかがでしたか。
    100均商品を上手に使いこなすことで、キッチン収納をおしゃれに見せることができるアイデアや実例がたくさんありましたね。

    特に収納に困ってしまうコップやお皿といった食器、フライパンや鍋、調味料など、まとまりがつかないものは、ファイルボックスなどの「かご」やケースを使うとすっきりまとまります。

    賃貸アパートやマンションの場合、リフォームをして狭いスペースを大きく改造することはできませんが、アイデアを使って収納スペースをすっきり使いやすく便利なものにすることは可能です!

    是非、今日から取りかかれる気軽なキッチン収納に取り組んでみてください。

次の記事
前の記事