2019/01/25

窓掃除を極める!簡単・最速でピカピカ窓。家にあるものでできる窓掃除の技9選

  • 水道の蛇口・鏡、そして窓ガラスをくすみなくピカピカにしておくと、それだけでお部屋の印象がグレードアップします。
    中でもいつもきれいにしておきたい窓ですが、トイレやお風呂の掃除は毎日というお家でも、窓の掃除までは手が回らないことも。

    そのために、窓掃除のコツを知って短い時間でピカピカにしてしまいましょう。
    後回しになりがちな窓掃除も、ご紹介する方法で気軽にサッと掃除すると楽ですよ。

    窓用洗剤や網戸掃除用の道具もたくさん市販されていますが、今回はもっと気軽に家にあるものを使って、窓ガラス・網戸・サッシの溝をピカピカに仕上げていきましょう。

  • ①重曹とクエン酸はゴールデンコンビ、靴下を掃除ミトンにすれば簡単
    • 重曹とクエン酸で窓ガラス掃除(archiさんからの投稿)
  • 最初にご紹介するのは重曹水スプレー。
    汚れを浮き上がらせてくれるので軽く拭くだけできれいになります。
    ハウスクリーニングの強い味方の重曹が窓掃除でも活用できます。

    ところが重曹水にも弱点が。
    溶け残った重曹が窓ガラスに白く残ってしまうのです。
    そこで次はクエン酸水の出番。仕上げにクエン酸水でふき取ることで、完璧な仕上がりになりますよ。

    【重曹スプレー&クエン酸スプレーの使い方】
    ・水をいれたスプレーボトルを2つ用意。それぞれに重曹とクエン酸をいれて溶かします。
    ・最初に重曹水を窓ガラスにスプレーして汚れを拭き取ります
    ・次にクエン酸水をスプレーして仕上げ拭きでピカピカ窓に!

    ボトルに入れる量は水100mlに小さじ1が目安ですが、水に少しずついれて溶け残りがない量で大丈夫。
    履かなくなった古い靴下を手にはめて雑巾替わりにして拭くと、さらに簡単かつきれいにお掃除できます。

    手のひら側が汚れたらくるりと回して反対側でもお掃除。
    使い古した靴下は、捨てる前にお掃除用ミトンとして活用してみましょう。

  • ②新聞紙でピカピカ窓
    • 捨てないで!古新聞は窓掃除にピッタリ★(archiさんからの投稿)
  • 新聞紙のインクには汚れを落とす成分も含まれています。
    仕上げ拭きも新聞紙でOK。
    水に濡らした新聞紙で窓を拭いて汚れを落としましょう。

    汚れがひどい場合には何度も新聞紙を変えて濡らし、仕上げ磨きをすればピカピカに。拭きあとも残らずスッキリです。

    雑巾を洗う必要もなく、片付けも簡単。新聞紙は窓掃除の定番アイテムになりそうです。

  • ③中性洗剤なら結露も防いでくれる
    • 掃除しながら窓の結露防止にもなる方法!(Tomaさんからの投稿)
  • ガラス窓の掃除には食器用洗剤(中性洗剤)も使えます。
    中性洗剤を混ぜた水で洗った雑巾でガラス窓を掃除してみましょう。

    スッキリ汚れが落ちるだけでなく、なんと結露も防いでくれます。
    これは中性洗剤に含まれている界面活性剤の働きによるもの。

    中性洗剤を使って掃除するだけで、結露防止の効果もあるなんてお得な掃除法ですね。

  • ④窓のシリコンコーキングには油?
    • 意外★シリコンコーキングは油で綺麗にする!(ニコネコさんからの投稿)
  • 窓ガラスがピカピカになったら、窓枠のコーキングもきれいにしましょう。
    強い力でこするのは厳禁。コーキングに傷がついてしまいます。
    キッチンにある食用油を使いましょう。

    コットンや軟らかい布に食用油を少量しみこませてコーキングを拭くと、驚くほど汚れがとれます。
    コーキングの色が変わって、思いのほか汚れていたことにビックリするかもしれません。

  • 窓ガラスに続いて次は網戸の掃除です。
    網戸は大掃除に手を付けるぐらい、ついつい後回しにしてしまう場所のひとつかもしれません。

    外気に触れているので思った以上に汚れやすく、使った雑巾が真っ黒になってしまうほど。
    網戸も気軽に掃除できるといいですね。

    網戸掃除で大切なのは、網に力をかけないようにできるだけ内側と外側から網戸を挟むようにして掃除することです。

  • ⑤ナイロンタオルは網戸掃除に最適
    • ボディタオルで網戸がピカピカになる裏ワザ(nisiさんからの投稿)
  • 2枚の雑巾で挟んで拭くと網戸の両面が一気にきれいになります。
    雑巾として少し濡らしたナイロンタオルとキッチンペーパーを使うと、さらにゴッソりと汚れがとれますよ。

    ナイロンタオルの凸凹が網戸の汚れを掻き出し、キッチンペーパで汚れをキャッチ。
    ナイロン製のボディタオルも捨てる前に網戸掃除に使いましょう。
    片付けも楽々です。

  • ⑦サッシ掃除にはスポンジ
    • ドアレールをうまく掃除する裏技!(ssさんからの投稿)
  • サッシのレール掃除には台所用のスポンジがピッタリです。
    スポンジをそのまま使っても汚れは取れますが、スポンジに切込みをいれるとレールの溝にピタっと当たって、隅々までしっかり汚れをとってくれます。

  • ⑧専用お掃除グッズ「楽絞りワイパー」で簡単きれいに
    • 窓ガラス掃除が楽絞りワイパーでラクラク!(よしママさんからの投稿)
  • 最後に1本で外側の窓ガラス・網戸の両方を掃除できる専用のお掃除グッズをご紹介します。

    「楽しぼりワイパー」は手を濡らさず、ギュッと押さえるだけで絞ることができるアイデア商品。

    ベランダをはじめ、外側の窓の掃除にはとても便利です。
    時には専用グッズで簡単、きれいに仕上げることも、美しさを長く保つコツかもしれません。

  • 【気軽、簡単にできる掃除法が続けられるコツ】
  • PM2.5や花粉、車の排気ガスなど窓が想像以上に汚れています。
    窓から吹き込む風をさわやかに保つためにも、窓の掃除もルーティンにいれていきたいですね。

    雑巾の代わりに新聞紙を使って片付けの手間を省くことも立派な節約技です。
    今までより気軽に窓掃除ができるようになります。

    ご紹介したアイデアを使って、簡単・最速でピカピカ窓に仕上げる技にチャレンジしてみてください。

次の記事
前の記事