2020/09/15

修正テープを剥がす方法!間違えた修正箇所の簡単な剥がし方2選

看板画像
  • 間違えてしまった箇所を修正できる、便利グッズである「修正テープ」。
    お助けアイテムの修正テープですが、修正テープを貼る箇所を間違えてしまうことや、後々修正する前の状態に戻したいことも多々ありますよね。

    爪で剥がしがちですが、中々きれいに剥がれてくれません。
    修正テープをきれいに剥がしたい...元通りに戻したい....
    そんな願いを叶えます!

    本記事では、修正テープを剥がす方法を2つご紹介します。

    今回ご紹介する方法を使って、元通りの状態に戻しましょう♪

  • みなさんは、修正テープの構造をご存知ですか?

    実は、修正テープは3層で構成されています。
    上の層は、ベーステープと呼ばれ、修正テープを送り出す働きをしています。
    中間の層は、修正膜と呼ばれ、修正箇所を白い色で隠して、上から文字などを書けるようにしています。
    下の層は、粘着層と呼ばれ、修正膜を紙にくっつける働きをしています。

    また、テープの表面には小さな穴が無数に存在します。この穴がインクを吸収することで、修正テープの上からも字を書くことができるのです!

    あの薄くて白いテープも三層構造でできており、小さな穴があいているなんて驚きですよね!

  • こすると消えるタイプのボールペンが大活躍!

    • 修正テープを剥がす裏ワザ(RinRinさんからの投稿)
  • こすると消えるタイプのボールペン(フリクション)を活用した修正テープの剥がし方をご紹介します。

    間違えて大切な部分を修正テープで消してしまった...なんとか跡形もなく元に戻したい...
    そんなときは、フリクションの「専用ラバー」で修正テープを擦ると、その摩擦で修正テープが、きれいに剥がれてくれるんです!
    あまり力を入れずとも、簡単にきれいに修正テープを剥がすことが可能です♪

    フリクションが、全く別の用途で大活躍してくれるのは驚きですね!
    普段からペンケースに入れている方も多く、わざわざ修正テープ剥がしなどを持ち歩かなくても良いので、かなり便利な方法です。

    【やり方】
    ①フリクションを用意します。
    ②剥がしたい修正テープの部分を、フリクションの専用ラバー(消しゴム部分)で軽くこすります。
    ➂簡単に修正テープが剥がれます。

  • セロハンテープですっきり!

    • 間違えた!修正テープを剥がす方法(RinRinさんからの投稿)
  • セロハンテープを使って修正テープを剥がす方法をご紹介します。

    間違えて引いてしまった修正テープを剥がしたいとき、セロハンテープを使うと、きれいに剥がすことができます。

    剥がしたい箇所の修正テープが全て覆われる長さにセロハンテープをカットし、テープを貼ったら剥がすだけで、元の状態に戻すことができます。
    このときのポイントは、ゆっくり剥がすこと!

    紙の素材やセロハンテープの粘着度の強さによって、紙が破れてしまう可能性があるのでご注意ください。

    【やり方】
    ①セロハンテープを用意します。
    ②修正テープより5㎜ほど長くセロハンテープを切ります。
    ➂剥がしたい修正テープの全体に重なるように、上からセロハンテープを貼ります。
    ④そっと剥がします。
    ⑤修正テープがセロハンテープにくっついて剝がれます。

  • まとめ
  • 本記事では、修正テープを剥がす2種類の方法をご紹介しました。

    修正箇所を間違えてしまうことや、後々修正する前の状態に戻したいことも多々ある修正テープですが、そんなときに使える方法は見つかりましたか?

    こすると消えるタイプのボールペンも、セロハンテープも普段から頻繁に使うアイテムなので、早速活用できるのではないでしょうか?

    今回ご紹介した方法を使い、爪で剥がすことは卒業し、きれいに修正テープを剥がしましょう。

Thumb
つきみ

時短ズボラを愛する都内在住♀
◆おうちごはん研究員
◆快適おうちライフ研究員

次の記事
前の記事

新着の動画

もっとみる

話題の動画

もっとみる

アプリでもsoeasy!!

Btn appstore
Btn googleplay

話題のタグ

カテゴリー