2020/08/17

半袖から長袖まで!コンパクトなトップスのたたみ方

看板画像
  • みなさんはトップスをどのようにたたんでいますか?
    Tシャツもワイシャツもパーカーも、すべて同じ一般的なたたみ方をしている方も多いのではないでしょうか。

    今回はそんな方必見です!
    実はトップスは半袖長袖だけでなく、種類によってたたみ方を変えることでコンパクト&キレイにたたむことができるんです。

    しかもコンパクト・キレイだけでなく、今回ご紹介するたたみ方は時短もできて収納も省スペースでOK!

    どの方法もタンスの中をスッキリと見やすく整理整頓することができる画期的なたたみ方なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 半袖Tシャツを5秒でたたむ方法

    • 目からウロコ!最速のTシャツたたみ(tomsonさんからの投稿)
  • まずは、半袖Tシャツを驚きの速さでたためる方法をご紹介します。
    この方法は掴む位置さえ覚えてしまえば、約5秒でお店に並んでいるようなキレイな形にたためてしまうんです!

    <手順>
    1. 左手でTシャツの丈の3分の1と身幅の4分の1が交差する位置を、右手でそこからまっすぐ直線上にあたる肩部分を掴みます。
    2. 左手はそのままで、右手で持っているところをTシャツの裾の左端に重ねるように折りたたみましょう。
    3. そのままTシャツ全体を持ち上げます。このとき、袖がうまく中に入るようにファサッと少し勢いをつけて持ち上げるのがポイントです。
    4. まだ手は離さずに、そのまま襟元が見えるように半分に折りたためば完成です。

    両手でつまんで引っ張って最後に半分に折るだけ!
    たったこれだけの工程で、お店に並んでいるようなキレイな形にたためるなんてびっくりしませんか?

    秒速でたためるこのたたみ方なら、半袖Tシャツを大量に消費する夏の洗濯も少しラクになりますね。

    パッと見だとちょっと難しそうだなと思う方もいるかもしれませんが、コツさえつかめばあっという間にたたむことができますよ♪

  • 長袖シャツもコンパクト&キレイなたたみ方

    • 長袖のコンパクトなたたみ方(こまっちさんからの投稿)
  • 次は袖部分がたたみづらい長袖Tシャツの、簡単でコンパクトなたたみ方をご紹介します。

    この方法なら、一般的なたたみ方だとかさばりがちな長袖Tシャツもコンパクトにたたんで収納することができるんです!

    <手順>
    1. 長袖Tシャツを、袖までしっかりと広げて置きます。
    2. 袖幅と同じ幅になるように、片方の袖を内側に折りたたみましょう。
    3. <手順2>でたたんだ部分に袖を重ねて、上にのせるように真下に折りたたみます。
    4. 反対側の袖も同じように折りたたみましょう。
    5. 襟首部分を両手で持って、裾から10cm上の位置まで折りたたみます。
    6. さらにもう1回、裾から10cm上の位置まで折りたたみましょう。
    7. 最後に、残しておいた10cm部分を上に向かって折りたためば完成です。

    コンパクトサイズにたためるこのたたみ方なら、たたんだTシャツを縦に入れることができるので見やすくキレイに収納できます。

    着替え用としてバッグに何枚か入れておきたいときも、コンパクトサイズにたためれば持ち歩きしやすいのではないでしょうか。

  • 厚紙やクリアファイルで。ワイシャツをきっちりたたむ方法

    • ワイシャツやブラウスをキレイにたたむ裏ワザ(Sarasaさんからの投稿)
  • 次にご紹介するのは、厚紙やクリアファイルを使ってワイシャツをキレイにたたむ方法です。

    左右対称にならなかったり、変なところにシワができてしまったりと、ワイシャツをたたむのって結構難しいですよね。

    でもこの方法なら、あっという間にキレイな形にたたむことができるんです!

    <手順>
    1. B4サイズの厚紙、またはクリアファイルを用意します。薄い紙を使うとたたむときに一緒に折れてしまうので、厚くて硬いものがおすすめです◎
    2. ワイシャツのボタンを留め、床やテーブルに裏返して置きましょう。
    3. 厚紙を襟元から1cm下あたりに、縦向きに置きます。
    4. 厚紙の長い方の辺に沿って、袖部分を内側に折りたたみましょう。このとき袖は下方向に折り返してくださいね。
    5. 反対側の袖も折ります。
    6. 厚紙の下辺に沿って、裾部分が襟元に重なるように半分に折りましょう。
    7. 首元から厚紙を引き抜き、全体を表側にひっくり返せば完成です。

    厚紙を使ってたたむと折りたたむ幅をいちいち確認する手間が省けるので、普通にたたむより時短することができるんです。

  • ニットの崩れないコンパクトなたたみ方

    • ニットをコンパクトにたたむ方法(RinRinさんからの投稿)
  • 次は長袖のニットをコンパクトにたたむ方法をご紹介します。

    ニットってたたんで収納すると、かさばってしまって結構場所をとりませんか?
    そんなお悩みは、このたたみ方で解決しちゃいましょう!

    <手順>
    1. ニットの裾部分を、10cmくらいの幅で外側に折り返します。
    2. 左右の袖を、それぞれ袖幅分くらい内側に折りたたみましょう。
    このとき、袖先が<手順1>で折り返した部分より下にこないように、何回か袖の途中を折りたたんで調整してくださいね。
    3. 全体を上側からくるくると巻いていきます。
    4. <手順1>で折り返した部分をひっくり返し、<手順3>の巻き終わりを覆うように被せたら完成です。

    この方法ならかなりコンパクトにたためるので、省スペースで収納することができます。

    衣替えで衣装ケースやタンスにまとめてしまいたいときも、このたたみ方なら中でバラバラになることもなく、スッキリと見やすく収納することができますね。

    ニットだけでなく、トレーナーなどの冬服をまとめるときにもおすすめのたたみ方ですよ♪

  • フードを活用したパーカーのたたみ方

    • なんてコンパクト!パーカーのたたみ方(れんちゃんさんからの投稿)
  • 最後にご紹介するのは、フードのついたパーカーをコンパクトにたたむ方法です。

    普通にたたむと分厚くなってかさばりがちなパーカーも、フードをうまく活用することによって、スッキリとコンパクトにたたむことができるんです!

    <手順>
    1. 表側が見えるように置き、左右の袖先が裾の真ん中で重なるように両袖を中央に向かって折りたたみます。
    2. 肩部分から下を、中央に向かって折りたたみましょう。このとき左右の折りたたんだ部分が完全に重なるようにするのがポイントです◎
    3. 下からくるくると巻いていきます。
    4. 巻き終わりにフードを被せて、全体を包めば完成です。

    パーカーを細長くたたんでくるくると丸めるこのたたみ方なら、コンパクトになった分カバンに入れやすく持ち運びがラクになります。

    フードでしっかり全体を包んでいるので、カバンの中でほどける心配もありません。

    引き出しに収納するときは立てて入れられるので、省スペースで見やすく収納することができますよ♪

  • まとめ
  • 今回は種類別で、長袖・半袖トップスのコンパクトなたたみ方をご紹介しました。

    どれもカバンに入れて持ち運びしやすいうえに、収納するときも見やすくキレイにまとめられるたたみ方です。

    しかもコンパクトでキレイにたためるだけでなく、どのたたみ方も簡単で時間をかけない方法なのが嬉しいですよね♡

    毎日たたむ洗濯物が少しでもラクになるように、そしてタンスの中をスッキリ見やすく収納できるように、ぜひ今回ご紹介したたたみ方を参考にしてみてくださいね。

Thumb
あだちあやか

2人の娘を持つママライターです♪

いつもいかに手を抜きつつ、きちんとできているように見せるか考えています。(THE ズボラ★)
読みやすくわかりやすく親しみやすい文章を目指して奮闘中!
料理・洗濯・掃除などの家事全般から日常のライフハックまで、便利&お得情報をどんどんお届けしていきます♡

次の記事
前の記事

新着の動画

もっとみる

話題の動画

もっとみる

アプリでもsoeasy!!

Btn appstore
Btn googleplay

話題のタグ

カテゴリー