2020/08/14

【キッチン家電の掃除方法】頑固な汚れを落とすアイデア5選

看板画像
  • 電子レンジやトースターなどのキッチン家電。
    油汚れや焦げつき汚れがついていても、掃除が億劫だったり、どうやって掃除すればいいかわからなかったりして、そのまま放置してしまっている…ということがありませんか?

    ついてしまった汚れを落とすのが大変なイメージがあるキッチン家電ですが、汚れに合った適切な掃除方法を取り入れることで、ぐんとラクに掃除できるようになるんです!

    今回は、お家にある代表的なキッチン家電5つ(電子レンジ、トースター、電気ケトル、魚焼きグリル、ガスコンロ)のそれぞれについて、ラクに掃除ができる方法をご紹介します。

  • キッチン家電の主な汚れといえば、油汚れと水垢汚れが挙げられます。

    しつこい油汚れには、重曹が効果てきめん。
    重曹は水に溶かすと「アルカリ性」の性質を持つので、反対の「酸性」の性質を持つ油汚れを落としやすくする効果が期待できます!

    重曹はもともと食用として使われているものなので、食品を扱うキッチンでのお掃除にも安心して使えます。

    また、水垢汚れには、クエン酸を使うのがおすすめ。
    クエン酸は水に溶かすと「酸性」の性質を持つので、反対の「アルカリ性」の性質を持つ水垢汚れに効果的です。
    上手に活用してラクに汚れを落としていきましょう!

  • 【電子レンジ】中にこびりついた汚れもきれいに!

    • 【時短掃除】電子レンジの簡単な掃除法(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • 意外と汚れやすい、電子レンジの庫内。
    加熱時に調味料や食材がはねて、油汚れが溜まっていたりしませんか?
    この汚れをそのまま放置しておくと、固まってさらに落ちにくくなってしまったり、カビなどの原因になってしまったりすることも。
    汚れがたまると、不衛生なだけではなく、電子レンジの機能低下につながってしまったり、発煙や発火の原因になったりすることもあるので、注意が必要です。
    そんな電子レンジの汚れを簡単に落とせる掃除方法をご紹介します。

    【用意するもの】
    ・重曹……大さじ1
    ・水……200ml
    ・ポリ袋

    【手順】
    ①重曹と水を耐熱容器に入れて混ぜ、電子レンジで5分加熱します。
    ②5分加熱したあと、電子レンジを開かずに、そのまま30分放置します。
    ③くしゃくしゃに丸めたポリ袋で、電子レンジ内の汚れをこすります。
    ④最後に拭きあげをして完了です。

    ポリ袋の原料のポリエチレンには、油を吸着してくれる成分が含まれているので、頑固な油汚れもラクに落とすことができます。
    くしゃくしゃに丸めることで、さらに汚れをこすり落としやすくなるので、ぜひ試してみてください。

  • 【トースター】焦げや食べかすもスッキリ!

    • 【時短掃除】驚くほど綺麗になるトースターの洗い方(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • ついつい後回しにしてしまうトースターの掃除。
    でも、掃除をせずに使い続けていると、どんどん汚れがたまって、焦げついてしまうので危険です!
    そこで、家にある物を使って簡単にできる掃除方法をご紹介します。
    ただ水拭きするだけだとなかなか落ちない、トースターの頑固な焦げつき汚れも、この掃除方法なら驚くほどすっきりキレイにすることができますよ。

    【用意するもの】
    ・重曹……150g
    ・お酢……大さじ3
    ・食器用洗剤……大さじ3
    ・牛乳パック……1本分(適当な大きさに切っておく)

    【手順】
    ①重曹、お酢、食器用洗剤を容器に入れて混ぜます。
    ②①の重曹が発泡してきたら、トースターの汚れている部分に塗り、しばらく放置します。
    ③牛乳パックを適当な大きさに切り、カード状にします。
    ④汚れが浮いてきたら、④の牛乳パックを使って、汚れを削り落します。
    ⑤最後に、水で拭きあげて完了です。

    牛乳パックは、ほどよく硬さがあるため、汚れを削り落とすのにぴったり!
    また、好きな大きさにカットできて小回りがきくので、掃除しにくいすき間もキレイにすることができます。
    牛乳パックがない場合は、不要になったポイントカードなどで代用するのもいいですね。

    お使いのトースターによっては、変色等の原因にもなる場合がありますので、ご確認のうえ試してみてください。

  • 【電気ケトル】カルキ汚れをぴかぴかに!

    • 電気ポットのカルキを簡単に落とす方法(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • 電気ケトルは、すぐにお湯を沸かせて、火も使わないので、とても便利ですよね。
    しかし、いつの間にか電気ケトルの底に水垢がついていたりしませんか?
    その汚れ、実は簡単にお掃除できるんです!

    使用するのは「クエン酸」。
    白いカルキ汚れはアルカリ性なので、酸性の性質を持つクエン酸が汚れを中和してくれます。

    電気ケトルは基本的に丸洗い厳禁なので、この方法を使ってぜひお手入れの参考にしてみてはいかがでしょうか。

    【用意するもの】
    ・クエン酸……30g
    ・メラミンスポンジ

    【手順】
    ①電気ケトルの中に、満水まで水を注ぎます。
    ②クエン酸を投入します。
    ③電気ケトルのスイッチを入れて、お湯を沸かします。
    ④沸騰したら、そのまま2時間ほど放置します。
    ⑤水ですすぎ、取りきれなかったカルキ汚れをスポンジでこすります。

    電気ケトルに水垢がたまっていくと、雑菌が繁殖しやすくなってしまいますし、この雑菌がイヤなニオイの元になることもあるので、電気ケトルは定期的に掃除するのがおすすめです。
    時間が経つと汚れが固まって落としづらくなってしまうので、掃除する頻度を決めてお手入れをすることで、ラクにキレイをキープすることができますよ。

    電気ケトルの中に水を注ぐ際、満水の量は説明書などで必ずお確かめください。
    ギリギリまで注水すると、沸騰したときにやけどなどの恐れがありますので、ご注意ください。

  • 【魚焼きグリル】油汚れも簡単に落ちる!

    • 一気に落ちる!魚焼きグリルを中性系洗剤でつけおき洗い(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • 魚を焼いたり、揚げ物をあたためたりと、毎日のお料理で便利に活用できる魚焼きグリルですが、油汚れが落ちにくい・洗いにくいというイメージがあってあまり活用していない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    そんな洗うのが面倒なイメージのある魚焼きグリルですが、分解して「つけ置きクリーニング」をすることで簡単にキレイにできますよ!

    【用意するもの】
    ・ゴミ袋(魚焼きグリルが収まるサイズのもの)
    ・中性洗剤
    ・ぬるま湯

    【手順】
    ①ゴミ袋に魚焼きグリルのパーツを入れます。
    ②①のゴミ袋の中に、中性洗剤を適量入れ、ぬるま湯を注ぎます。
    ③そのまましばらくつけ置きしてから、仕上げ洗いをします。

    つけ置きすることで、汚れがゆるんで落ちやすくなるので、億劫になりがちな魚焼きグリルの掃除のハードルがぐんと下がります。
    ゴミ袋に入れる中性洗剤の量や、つけ置きの時間は、ご使用のグリルの取扱説明書などを必ずご確認ください。

    また、残ったお湯は、キッチンペーパーにふくませて、魚焼きグリル内を拭くこともできます。
    この方法で、グリル内もパーツも丸ごとまとめてピカピカにできますよ♪

  • 【コンロ】頑固な汚れも綺麗さっぱり!

    • コンロの焦げつきを綺麗さっぱりにする方法(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • コンロの焦げつきなどの汚れは、頑固でなかなか落ちないので、掃除するのが厄介ですよね。
    コンロ周りといえば、焦げつき以外にも、乾いてこびりついてしまったゴミなどの掃除も面倒…。

    そこで、「重曹水」を使って汚れ落としが簡単にできる、コンロ周りのナチュラルクリーニングの方法を紹介します。

    【用意するもの】
    ・水……200ml
    ・重曹……小さじ1

    【手順】
    ①水に重曹を加えて、よく混ぜます。
    ②重曹が溶けたら、スプレーボトルに移し入れます。
    ③掃除したい場所に、②のスプレーを吹きかけます。
    ④使い古した歯ブラシや、小さめのブラシで軽くこすります。

    コンロの焦げつきが気になる場所や、汚れがこびりついた場所に、重曹水のスプレーをかけてブラシで軽くこすれば、どんどん汚れが落ちていきます。

    また、この重曹水スプレーは、こびりついてしまった汚れを落とすのに使うだけでなく、毎日のキッチン掃除に使うのもおすすめ!
    キッチンを使った後に、コンロ周りにシュシュッとスプレーして拭けば、油汚れが落ちてすっきり。
    毎日のキッチン掃除に加えることで汚れがたまることがなくなり、簡単にキレイをキープできるようになります。

    重曹はドラッグストアなどでお安く購入できますし、水に溶かすだけで簡単に作ることができるので、ぜひ活用してみてください。

  • まとめ
  • キッチン家電の掃除方法、いかがでしたか?

    油汚れには重曹、水垢汚れにはクエン酸を活用したり、つけ置き洗いをしたりすることで、頑固な汚れもラクに落とすことができます。

    専用の洗剤を用意するとなると、選ぶ手間や費用もかかってしまいますが、今回ご紹介した掃除方法は、重曹や食器用洗剤など、家にあるもので簡単にできるものばかりなので、ぜひ取り入れてみてください。

    いつもピカピカなキッチン家電で、衛生的に&気持ちよくお料理をしたいですね♪
    キレイなキッチンづくりの参考になればうれしいです。

Thumb
まどなお

◆ライブドア公式ブロガー「いつでも、HOME」 ◆神戸の整理収納アドバイザー ◆無印・100均・ニトリなどを使った、取り入れやすく管理しやすい収納や家事ラクできるアイデアを紹介しています。 ◆著書「片づけベタでもできるやさしい収納」「アイデアノートで普通の部屋がなぜか可愛くなる」出版。

http://itsudemo-home.blog.jp/

次の記事
前の記事

新着の動画

もっとみる

話題の動画

もっとみる

アプリでもsoeasy!!

Btn appstore
Btn googleplay

話題のタグ

カテゴリー