2020/06/16

【レジ袋有料化】ゴミ袋を包装袋や新聞紙で代用する方法5選

看板画像
  • スーパーやコンビニなどでもらえるレジ袋やビニール袋は、家庭ゴミをまとめたり掃除に使ったりと、いろいろな場面で再利用できて便利ですよね。

    しかし、買い物のたびに無料でもらえていたレジ袋も、2020年の7月からは全国一律で有料化が義務付けられています。今までのようにレジ袋をゴミ袋として使うことは難しくなってしまいますよね。

    この記事ではレジ袋の代わりに、他の袋を再利用してゴミ袋にする方法や、新聞紙でゴミ箱を作る方法など、レジ袋が有料化してから役に立つ、ゴミ袋の代用品を作る方法をご紹介します。

  • クリーニングの袋をゴミ袋にする方法

    • クリーニングの袋をゴミ袋として活用しよう!(若松 美穂さんからの投稿)
  • クリーニングから戻ってきた洋服についているビニール包装を再利用し、ゴミ袋に代用する方法をご紹介します。

    クリーニングから戻ってきた洋服についているビニールの包装、そのまま捨てているという方も多いのではないでしょうか。実は、この包装用の袋はゴミ袋として再利用することができます。

    【手順】
    ①クリーニングから戻ってきた洋服から、ビニール袋を取り外します。
    ※袋が破れないように丁寧に取り外すことがポイントです。
    ②ハンガー用に開いている小さな穴を塞ぐため、袋の両側を中央に寄せ、一つの結び目を作ります。
    ③下側に開いている大きな穴を広げ、口部分にすればゴミ袋の完成です。

    クリーニングでもらえる包装用の袋を、簡単にゴミ袋に再利用することができます。完成した袋は大きめなので、いろいろな用途に使えて便利ですね。ぜひお試しください。

  • パンの袋をゴミ袋にする方法

    • パン袋は捨てないで!生ゴミ袋にすれば三角コーナー不要(よしママさんからの投稿)
  • パンが入っていた袋を再利用し、ゴミ袋に代用する方法をご紹介します。

    食パンなどのパンが入っているビニール袋、再利用はせずにそのまま捨ててしまっている、という方も多いのではないでしょうか。実は、パンの入っていた袋は小さなゴミ袋に再利用することができます。

    【手順】
    ①袋の口の部分を2、3回折り曲げます。
    ②口を広げ、ゴミ袋として使用します。
    ※パン袋を開けるとき、袋が破れてしまうと最後に袋を縛りにくくなります。袋が破れないように注意しましょう。

    パンの入っていた袋を、簡単にゴミ袋に再利用することができます。完成した袋は小さめなので、三角コーナーや、吊り下げておいて使うのに便利です。
    気密性が高く、臭いが漏れにくいので生ゴミなどを捨てるのにも使えますよ。
    袋を折り曲げるだけで簡単にできますので、ぜひお試しください。

  • トイレットペーパーの袋をゴミ袋にする方法

    • トイレットペーパーの袋 再利用する方法!(aka.ru☆さんからの投稿)
  • トイレットペーパーの入っていた袋を再利用し、ゴミ袋に代用する方法をご紹介します。

    スーパーでもらえるレジ袋、そのままゴミ箱に入れてゴミ袋として使っているという方も多いのではないでしょうか。レジ袋が有料化すると、今までのようには使えなくなるので困りますよね。
    そんなときはトイレットペーパーが入っているビニール袋を活用してみてください。ゴミ袋として簡単に再利用することができます。

    【手順】
    ①袋の上部分をカットし、トイレットペーパーを取り出します。
    ②ゴミ箱にセットし、ゴミ袋として使用します。

    トイレットペーパーの袋を簡単にゴミ袋に代用することができます。完成した袋はゴミ箱に入れるのにちょうど良いサイズなので便利ですね。
    ビニール袋の代わりになるのでこれから活躍すること間違いなしです。ぜひお試しください。

  • 新聞紙で大きめのゴミ袋を作る方法

    • さっと捨てられる新聞紙ゴミ袋(kakisukeさんからの投稿)
  • 新聞紙を使って、大きめのゴミ袋を作る方法をご紹介します。

    読み終わった新聞紙、ただ捨ててしまうのなら何かに再利用できた方が嬉しいですよね。そんなときは新聞紙でゴミ箱を作ってみてください。

    【用意するもの】
    ・新聞紙 1枚
    ・のり

    【手順】
    ①新聞紙を広げ、長い方の辺にのりをつけます。
    ②新聞紙を折り、辺同士をくっつけます。
    ③新聞紙の下半分を手前側に折ります。
    ④下半分を開くようにし、左右を折ります。
    ⑤のりをつけ、折り込んで貼ることで底を作ります。

    のりを使って新聞紙を折ることで、一枚の新聞紙から大きめのゴミ袋を作ることができます。のりをつける部分が2箇所と少ないので簡単ですね。
    完成した袋は大きめなので、いろいろなものを入れることができて便利です。ぜひお試しください。

    ※自治体によってゴミ出しのルールは異なります。ルールに従ってお出しください。

  • 新聞紙で小さめのゴミ袋を作る方法

    • 新聞紙をリサイクル!便利なゴミ袋に活用する方法(soeasy【公式】さんからの投稿)
  • 新聞紙を折って、小さめのゴミ箱として再利用する方法をご紹介します。

    読み終わった新聞紙をそのまま捨ててしまっていませんか?実は、読み終わった新聞紙は簡易ゴミ箱として、再利用することができるんです。

    【用意するもの】
    ・新聞紙 2枚

    【手順】
    ①新聞紙を横向きに置き、左右の角を中心に向かって折ります。
    ②新聞紙の下の部分を中心に向かって折り、さらにもう一度折ります。
    ③新聞紙を裏返します。
    ④新聞紙の左右を中心に向かって折ります。
    ⑤新聞紙の下半分を中心に向かって折り、さらにもう一度折ります。
    ⑥開きやすいように折り目をつけます。
    ⑦開いて箱型にします。
    ※小さくたたむときは先を上部分へ差し込みます。

    新聞紙を折るだけでできるので簡単ですね。完成した袋は小さめなので、生ゴミを入れるのに使ったり、机の上のクズ入れとしても使えますよ。ぜひお試しください。

    ※自治体によってゴミ出しのルールは異なります。ルールに従ってお出しください。

  • まとめ
  • クリーニングの包装用の袋やパンの袋、トイレットペーパーの袋を使ってゴミ袋の代用品を作る方法と、新聞紙を折ってゴミ箱にする方法をご紹介しました。

    普段は捨ててしまっている袋や新聞紙をゴミ袋として再利用できれば、この先レジ袋が有料化し、自宅の中でゴミ袋としてレジ袋を使うのが難しくなったときに便利ですよね。

    ビニール袋の使用が減るのは地球環境にも良いことですし、節約にもなります。いろいろなものでゴミ袋を代用し、エコに便利に生活していきましょう。

Thumb
のじ

生活に役立つ便利な知識や、簡単で美味しい料理レシピなどを紹介♪
今後も毎日を楽しくするような情報をどんどん発信していきます!

次の記事
前の記事

新着の動画

もっとみる

話題の動画

もっとみる

アプリでもsoeasy!!

Btn appstore
Btn googleplay

話題のタグ

カテゴリー