2020/05/15

コンパスの代用法!身近なもので綺麗な円を描く裏技4選

看板画像
  • 急に綺麗な円を描かなければいけないとき、すぐに手元にコンパスを用意できれば良いですが、なかなかそうもいきませんよね。フリーハンドで円を上手に描くのは難しいですし、困ってしまいます。

    でも大丈夫。身近にあるものを使えば、簡単にコンパスの代用品を自作することができるんです。この記事ではクリップを使ってコンパスを代用する方法や、ペンだけで綺麗な円を描く方法、フリーハンドでも綺麗に円を描ける方法など、いろいろな簡易コンパスの作り方をご紹介していきます。

  • 綺麗な円を描くときには「支点(円の中心)となる軸」と「支点からの距離を一定に保つこと」が大切です。
    学校で円について習ったとき、「1つの円の半径は常に一定である」と教わりましたよね。円は中心から同じ距離にある場所をぐるりと通っているものだということです。
    そこで、綺麗な円を描く際には支点(円の中心)からの距離を常に一定に保つことが重要になります。
    コンパスを使わずに綺麗に円を描くには、支点となる軸と、そこから同じ距離の場所をぐるりと通ることのできる手助けを用意する必要があるのです。
    以上の条件が揃えば、コンパスを使わなくても綺麗に円を描くことができますよ。

  • クリップを使って綺麗な円を描く方法

    • コンパスがない時はクリップで円を書こう!(harukaさんからの投稿)
  • クリップを使って綺麗な円を描く方法をご紹介します。

    円を描きたいとき、コンパスが手元にないとフリーハンドで描くことになってしまい、上手な円を描けずに困ってしまいますよね。
    そんなときは、クリップとペンを組み合わせてコンパスを自作してみてください。クリップを使うと、円の中心となる部分から同じ長さを測りやすくなるので、綺麗な円を描くことができます。

    【用意するもの】
    ・クリップ 複数個
    ・ペン 2本

    【手順】
    ①クリップを描きたい円の長さ分繋げます。
    ②1本のペンで円の中心となる部分を抑えます。
    ③もう1本のペンで円を描きます。

    この方法を使うと手元にコンパスが用意できないときでも簡単に、綺麗な円を描くことができます。また、つなげるクリップの数を変えることで、いろいろな大きさの円を描くことができるのも嬉しいですね。
    コンパスと同様に、同じ長さを何回か測りたいときにも使える方法なのが便利です。是非お試しください。

  • 筆箱の中身を使った簡易コンパスの作り方

    • 必見!ペン2本でできる簡易コンパスの作り方(kentoさんからの投稿)
  • ペンと消しゴムのケース、輪ゴムを組み合わせて簡易コンパスを自作する方法をご紹介します。

    円を描きたいけどコンパスが用意できないとき、フリーハンドで円を描くと、なかなか上手にできずに苦労しますよね。
    そんなときは簡易コンパスを自作してみてください。輪ゴム以外は筆箱に入っているものだけで作ることができるのでとっても楽ですね。

    【用意するもの】
    ・ペン 2本
    ・消しゴムのケース
    ・輪ゴム

    【手順】
    ①ペンを2本、上部を輪ゴムで固定してまとめます。
    ②ペンの間に消しゴムのケースを挟みます。
    ③一方のペンを軸にして、コンパスの要領でもう一本のペンを使って円を描きます。

    ペンを固定するとき、輪ゴムできつめにまとめてください。また、消しゴムのケースは落ちてこないように、奥までしっかり挟み込むことがポイントです。
    ペン同士の間の角度を、コンパスのように広げたり狭めたりすると、描ける円の大きさを変えることができます。
    手元にコンパスがないときには是非試してみてください。

  • ペンを組み合わせて綺麗な円を描く方法

    • ボールペン2本で綺麗な円を書く裏技教えます(便利ライフハックさんからの投稿)
  • ペンを2本組み合わせて綺麗な円を描く方法についてご紹介します。

    フリーハンドで円を描こうとしたとき、綺麗な形にならなくて苦労した経験はありませんか?そんなときは、ペンをもう1本用意してみてください。ペンを2本組み合わせることで、綺麗な円を描くことができますよ。

    【用意するもの】
    ・ペン 2本

    【手順】
    ①ペンを2本並べて持ちます。
    ②紙にペンを固定して紙を回転させます。

    この方法を使えばペンだけで綺麗な円を描くことができます。ペン同士を交差させてペン先の間隔を大きくすることでより大きな円も描くことができますよ。
    同じ種類のペンを2本用意する必要はありません。ペンと鉛筆や色の違うペン同士など、筆箱の中に入っているものを組み合わせるだけでできるので、とても簡単に実践できます。是非お試しください。

  • フリーハンドで綺麗な円を描く方法

    • コンパスを使わずに上手に円を書く方法(柳澤ちなていさんからの投稿)
  • 手だけで綺麗な円を描く方法をご紹介します。

    フリーハンドで綺麗な円を描くのは大変ですよね。線がよれてしまったり、歪な形になってしまったりと、なかなか上手にできません。
    そんなときは手を固定してみてください。ちょっとした工夫をすることで、フリーハンドでも綺麗な円を描くことができますよ。

    【手順】
    ①ペンを持った状態で紙の上に手を置きます。
    ②軸となるように手のひらの下の部分(手根部)を紙の上に固定します。
    ③手とペンが動かないように気をつけながら紙を回します。

    この方法では特別なものは何も用意せず、ペンだけを使って綺麗な円を描くことができます。ペンの持ち方を変えてみるなど、ペン先と手の付け根の部分の感覚を調整することで、いろいろな大きさの円を描くことができます。
    何かを用意する必要なく、綺麗な円を描くことができるので、とっさのときに便利です。是非試してみてください。

  • まとめ
  • 今回は、コンパスを使わないで綺麗な円を描く方法として、クリップを使う方法、ペンと輪ゴムで簡易コンパスを作る方法、ペンを組み合わせる方法、手を固定して紙を回す方法についてご紹介しました。

    コンパスなどの円を描くための道具を使わずに、綺麗な円を描こうとするのはなかなか大変です。しかし、今回ご紹介した方法を使うと、簡単に綺麗な円を描くことができるようになりますよ。

    どの方法も、すぐに用意できるものを使った方法ですので、簡単に実践することができます。円を描きたいときには是非活用してみてはいかがでしょうか。

Thumb
のじ

生活に役立つ便利な知識や、簡単で美味しい料理レシピなどを紹介♪
今後も毎日を楽しく快適にするような情報をどんどん発信していきます!

次の記事
前の記事

新着の動画

もっとみる

話題の動画

もっとみる

アプリでもsoeasy!!

Btn appstore
Btn googleplay

話題のタグ

カテゴリー